【東海・ビルドが提案する賃貸経営の“こだわり”】 【東海・ビルドが提案する賃貸経営の“こだわり”】

差別化と付加価値 差別化と付加価値

  1. Point1 建物デザインの差別化 Point1 建物デザインの差別化

    賃貸経営をするにあたって、大事なポイントの一つに差別化が挙げられます。
    入居者様が部屋を決めるポイントは第一印象がとても大切。まずは外観、そしてエントランス、そしてお部屋の内部です。
    東海・ビルドでは施工した全ての物件で同じパターンの外観は存在しません。
    立地や敷地形状、そのエリアに於ける入居者様の年齢層からニーズまでを調査し、求められている建物デザインや間取りを決定しています。ご依頼の立地によっては、場合によっては希望に添えないこともございます。

    一つ一つの建物に設計士のこだわりのデザインや設備を検討します。とても手間と時間の掛かる作業になりますが、多くのコストと安定経営を考えた時に大事なポイントとなります。

    まず、敷地形状にあった最大限のプランニングを検討します。

  2. 敷地形状に於ける最大限の活用提案 敷地形状に於ける最大限の活用提案

    • 敷地形状に於ける最大限の活用提案 敷地形状に於ける最大限の活用提案 他社
    • 敷地形状に於ける最大限の活用提案 敷地形状に於ける最大限の活用提案 東海・ビルド初期案
    • 敷地形状に於ける最大限の活用提案 敷地形状に於ける最大限の活用提案 東海・ビルド最終案

    上記のプラン図は、実際にあった例です。
    三角形の敷地形状に対して、他社は規格商品をそのまま当てはめての提案。
    一方、弊社は敷地形状を最大限活用したプラン。
    建物を雁行させることで、日当たりや入居者様同士の隣地目線を遮ることを視野に入れています。

  3. 長期的な資産活用へ 長期的な資産活用へ

    賃貸マンション事業をするにあたって、よく目にする「利回り」という言葉。
    土地の購入資金や建物建設資金を家賃収入で割ったものを「利回り」と呼びます。
    利回りに直結する家賃収入を左右するものとして、入居率と家賃下落率があります。入居率が高いと物件人気が高い事になり、家賃下落率の減少幅が低いと建物資産価値が高いと考えられます。

    一般的に利回りを良くする為には、建築費を抑えて、市場に見合った家賃をつける必要があります。
    しかし、前述した入居率と家賃下落率は建物の人気や付加価値を考えて、デザイン、設備を考えなければ持続しません。
    安かろう悪かろうでは、空室も家賃も年数が経つにつれて、悪化をして安定した賃貸事業を経営する事は出来ません。

    弊社東海・ビルドの考える賃貸マンション事業は建物の付加価値を高め、それに見合った家賃を仲介業者様に設定いただいております。
    その為、建物の躯体構造は遮音性やデザイン性に於いて有利な鉄筋コンクリート造(RC造)とし、オーダーメイドで1棟ずつ手仕事で施工をしています。
    新築から10年程は目新しさも手伝って入居に困ることは少ないですが、10年以降の満室を目指して、如何に他物件との差別化を図るかが重要な要素になってきます。

    この賃貸事業の考え方が、
    東海・ビルドの提案する
    「選ばれる価値」になるのです。

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業 株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

フリーコール 0120-152-421 フリーコール 0120-152-421
営業時間 
9:00〜18:00

本社 本社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 
FAX:052-772-9158
建設業許可番号:
愛知県知事許可(特-2)第49209号
宅地建物取引業:
愛知県知事許可(5) 第18792号

東海・ビルド一級建築士事務所

一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

アーキビルド設計工房

一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-2)第13019号

採用情報 採用情報

相談室 相談室

ビルド建築設計室株式会社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1308 
TEL:052-772-2421 
FAX:052-772-9121
建設業許可番号 愛知県知事許可(般ー4)110758号
一級建築士事務所 愛知県知事登録(い-3)第14037号