スタッフブログ

2010-12-03

名東区K邸プロジェクト no.1

こんにちは。設計部の増田です。

先日名東区のK様と来年着工予定の住宅新築工事の請負契約をさせていただきました。

K様とは今年の5月に当社のコンセプトハウス 憧憬舎 にご来場を頂いて、K邸プロジェクトが始動しました。

今回ブログの1回目ということで、今の計画に至るまでのプランの経緯をご紹介させて頂きます。

*********

初回のラフプラン提案時には全く考え方の違う3パターンの計画案を提出。

①ラフプラン-A

 広いお庭に対して、R状に開き、道路面には曲率の異なるR壁を立て、その隙間を開口部にした提案。

この提案は既存の車庫部分を解体し、新たに地下1階・地上1階の建物を創る計画で、地下のガレージから1階までスキップフロア形式で上がっていく断面構成となっています。

kusano1203-1-1kusano1203-1

 

 

②ラフプラン-B

こちらは既存の車庫部分を利用した計画です。地上の平屋部分を2つのボリュームに分け、その隙間をトップライトやスリットサッシで囲んで光庭にしています。屋根は緑化する計画となっています。

kusano1203-2-1kusano1203-2

 

③ラフプラン-C

こちらも既存車庫部分を利用した計画で、地上には一つの平屋のボリュームを計画し、スキップフロアに沿って屋根を折れ曲がらせた計画です。

kusano1203-3-1kusano1203-3

 

この3つの提案の中から、K様はラフプラン-A案に大変共感して頂きまして、このプランで方向性が決まりました。

次にラフプラン-Aを詰めていき、提出したのがPLAN-A2です。

PLAN-A2は地下車庫をRC造、地上部分を木造在来工法で計画した混構造で、道路側には同心円上に外壁をずらしながら配置し、お庭側へは庇の延長にナナメルーバー付きのパーゴラを設置し、日照調整と近隣目線に配慮しています。

kusano1203-4-1

kusano1203-4

 

このプランから地上階もRC造とし、建物形状は、道路側の円弧壁の曲率は全て異なるものに変更し、プロポーションを極力ラフプラン-Aに近付けたPLAN-A6で確定しました。

kusano1203-5kusano1203-6

左の模型はPLAN-A3の白模型で、右は確定プランのPLAN-A6の外観イメージパースです。

 

 

K邸プロジェクト、着工は来年の4月予定です。またこのブログにて進捗状況等報告します。

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

本社

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 FAX:052-772-9121
建設業許可番号: 愛知県知事許可(特-2)第49209号
宅地建物取引業: 愛知県知事許可(5)第18792号

フリーコール 0120-152-421
営業時間 9:00〜18:00
  • モデルハウス・分譲住宅 見学のご予約
  • 資料請求
  • メールでのお問い合わせ

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 FAX:052-772-9158
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-2)第13019号

採用情報