スタッフブログ

2022-12-27

,

ようやく

こんにちは
穿き古したパンツのゴムのような、ゆる~いブログを書く新保です。

みなさん、ようやく開催されました。
2022ラリージャパン愛知・岐阜。



待ちました、待ちましたよ2年間。
前回のラリージャパンからは12年。

ようやくモンスターマシンとトップドライバーたちをこの目で見られる…

と喜んでいたのですが、それも儚く散りました。

なぜならラリー観戦セクションのチケットは3分で完売。追加販売も瞬殺でした。
それでも何とか見たいと、セレモニアルスタートとセレモニアルフィニッシュの見られるチケットを購入。参戦してまいりました。

12年前までWRCの日本開催は、10年間ずっと北海道で行われていて、私には旅費を含めて手の届かないレースでした。
それが地元愛知で開催され、ようやく私にも観戦するチャンスがやってきたというわけです。

レースセクションのある自治体、例えば豊田市ではマンホールの蓋にWRカーのシートをプリントしたりなど力を入れていました。


そして心を躍らせやってきた豊田スタジアム。
そこで目の前に現れたのは入場を待つ数多の人・人・人。

結局、豊田スタジアムに入れたのは到着してから1時間半後。

完全に予定を狂わされたのですが、なんとかドライバーたちのサイン会やサービスパーク(サーキットで言うピットのようなもの)を覗いたりしながらセレモニアルスタートを待ちました。



(トヨタラリーチームを激励に来ていた豊田章男さんに遭遇)

そして自身初のセレモニアルスタートを体感し、満足して帰路についている時、後からえげつない音が。
振り向くとそこには今年のドライバーズチャンピオン、ロバンペラ選手の車が走っているではありませんか。

そのルートがSS1を走り終えたWRカーのリエゾンだったようで、一般車に交じって走っていました。この日、一番気持ちが高ぶった瞬間だったかもしれません。

今回のラリージャパンはこれまでの北海道と違いターマック(舗装路)ラリーで、日本特有のとても狭くてツイスティな林道とワイドでハイスピードな一般道の混合コースに各ドライバーがこぞって難しいと言っていて、波乱が起こったレースでした。

(旧伊勢神トンネルを抜けていくWRカー)

来年、再来年も地元で開催されるのであれば、今度こそレースの観戦エリアで観たいと思う新保でした。

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

フリーコール 0120-152-421 フリーコール 0120-152-421
営業時間 
9:00〜18:00

本社 本社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 
FAX:052-772-9158
建設業許可番号:
愛知県知事許可(特-2)第49209号
宅地建物取引業:
愛知県知事許可(5) 第18792号

東海・ビルド一級建築士事務所

一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

アーキビルド設計工房

一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-2)第13019号

採用情報 採用情報

相談室 相談室

ビルド建築設計室 /
アーキビルド株式会社
〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307 
TEL:052-772-2421 
FAX:052-772-9121
建設業許可番号 愛知県知事許可(般ー4)110758号
一級建築士事務所 愛知県知事登録(い-3)第14037号