スタッフブログ

2015-12-04

日本の美

「え~どうして?」・・・でも・・・面白い!!

こちらは高山市にある、国の重要文化財『吉島家住宅』の雨戸を収納する戸袋と呼ばれるもの。

家の中に雨戸を引き込んでいる。それも堂々と・・・。

こういった『遊び』というか『仕掛け』のようなもの、思わずニヤッとしてしまいます。

DSC03966

明治40年川原町の名工、西田伊三郎さんによって建てられた、昔の造り酒屋の面影を伝える華麗な商家です。中へ入ると広々とした土間があり、上部にはハイサイドライト。この光が梁組と束組の表情を変えてゆきます。

梁組

近くには『日下部民藝館』。こちらも国の重要文化財です。太い柱や梁が見事に組まれています。構造の【構】の字はここから生まれたんだ!なるほど!と説得力抜群な、しつこいようですが、本当に見事なまでの梁組です。しばし、うっとりしてしまいました。

日下部民藝館が豪快で男性的な建物と評されているのに対し、この吉島家は建物の隅々まで神経のゆき届いた、繊細さと女性的な美しさのある建物と言われています。(写真はどちらの梁組、束組か想像してみてください)

一緒に建物を見た皆、共に吉島家の方が好みのようでしたが、繊細な女性的な美しさに心を奪われるのは男性だからでしょうか?

昭和52年、アメリカ建築界の巨匠チャールズ・ムーアが「自分が見た中では最高の日本建築である」と激賞したそうです。(ちなみに、この方も男性・・・)DSC03973

土間上のハイサイドライトはひもを引っ張ると、このでっかい障子が動くという結構大胆な仕掛けで男性的だったような気がしますが・・・。

ありきたりですが、日本人に生まれて良かった~と思える、とても素敵な時間を過ごせました。ありがとうございました。

こだわり抜いた東海・ビルドの高山プロジェクトがとても楽しみです。

冬の高山も良いですね。工事部 安江が書きました。

 

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業 株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

フリーコール 0120-152-421 フリーコール 0120-152-421
営業時間 
9:00〜18:00

本社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 
FAX:052-772-9121
建設業許可番号:
愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業:
愛知県知事許可(4)第18792号

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 
FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 
名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 
FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報 採用情報