スタッフブログ

2017-06-27

,

建築研修 in 北京 vol,1

国内から海外まで様々な建築を目で見て、肌で感じて、心に留め、感性を養う建築研修。

今回は『北京-Beijing-』編。

トップバッターを勤めさせていただきますキング・オブ・バンリこと営業 村松です。

昔からそうですが、旅行前になるとワクワク感と寝坊の不安感で寝れない。
子供のように寝不足感満載で朝7:30にセントレアに集合。

約3時間半のフライトを経て北京に到着。
昼食後、空港の外に出ると・・暑い!

IMG_0679

ちなみに手前に写りこんでるのが、ガイドの蕫(トウ)さんです。
気温はこの後グングン上がりなんと40度!

高速道路を走り、一路向かうは、ご存知『万里の長城』。
途中大渋滞。
日本では近年見かけないオーバーヒートの車がチラホラ。
荷物を大量に積んだトラックがなかなか上らない。これが渋滞の原因。

IMG_0682

駐車場に車を停めてロープウェイで万里の長城へ。

CIMG4625

地平線の彼方に見える山々まで路が続いています。
行かれた事のある方はご存知かもしれませんが、見た目以上に急斜面!

IMG_0690
写真で伝わりきらないと思いますが・・・。(傾斜40度くらいあるのでは・・)

弊社代表からは「上まで登ってもたいして景色変わらんよ・・」と言われましたが、舞い上がって登頂。

IMG_0687

ん?私が写っていない。何故なら振り返ると誰もいない。

下のほうから笑顔でこちらに手を振る下々の者(笑)。

DSC03870

結果、代表の言うとおり景色はたいして変わらず。自己満足に浸りながらダッシュで下山。

足、ガクガクですwww。

6300kmもある『万里の長城』。ほんの一部を登っただけでも、この有様。
秦の始皇帝が紀元前214年に築城を開始し、その後いくつかの王朝にて移築、修築を経て、明の時代に完成されたとのこと。
現在は観光名所としてここ北京が一番有名だそうで、中国内外からたくさんの人が観光に来ています。
この切り立った山々を当時、どのようにして石を積み上げていったのか、不思議。
現在ならどのように施工するのだろうか?等と考えてしまいます。
そんな事を考えながら帰りのロープウェイに乗り込む。

暑さと足の疲労を抱えつつ次の目的地、別荘群に向かいます。
やっと建築の話、次回出ます。
乞うご期待。

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

本社

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 FAX:052-772-9121
建設業許可番号: 愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業: 愛知県知事許可(4)第18792号

フリーコール 0120-152-421
営業時間 9:00〜18:00
  • モデルハウス・分譲住宅 見学のご予約
  • 資料請求
  • メールでのお問い合わせ

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-25)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報