スタッフブログ

2017-07-05

,

建築研修 in 北京 vol,2

晚上好、这是井上。(こんばんは、井上です。)
北京研修ブログ、第二弾をお届けします。

研修1日目、万里の長城の見学を終え向かった先は
「長城コミューン」
クラブハウスを中心にコテージ型の宿泊施設が8平方キロメートル
(東京ドーム・・ではなく中日ファンとしては、名古屋ドームで言いたいので・・名古屋ドーム約166個分の大きさ)
の広大な敷地内に点在し、12人のアジアの建築家がそれぞれ建物を設計しているのが特徴です。
pekin-MAP01
今回は3棟のコテージをご紹介。
まず1棟目は「Funiture House」(竹の家具の家)
設計は日本を代表する建築家、板茂氏。
木々の中を抜け、
pekin-002
pekin-003
建物中央のアプローチから中庭へと続く。
pekin-004
コートヤードを囲う建物のヴォリュームは周りの木々や山並みの
眺望を活かす高さが絶妙なバランス。
とてもきれいなプロポーションでした。
pekin-005
壁面や建具をよ~く見ると・・・
pekin-006
竹を編んだような表情の材料。後日調べた所、薄く裂いた竹を合板に接着したオリジナルの竹集成材でした。
中に入れないのがちょっと残念。

続いて向かった建物は・・・
pekin-007
「See and Seen House」
中国の建築家による作品で、ダイナミックな形状と2つに分けた
ヴォリュームをバランス良く配置した外観。
pekin-008
pekin-009
持ちだしたバルコニーは四方全てガラスで構成。
なかなか大胆なデザインです。

そして木立を抜けると次なる3棟目の建物が見えてきた・・
pekin-010
石積の階段を上り現れたのが、
pekin-011
木板外壁とサッシをグリッド状にデザインし、赤で塗装。
「赤」は中国ではおめでたい色だそうで、このコテージは中国人には大人気らしく結婚パーティーでも使用されるそうです。
これも中国の建築家の作品で、
pekin-012
ピロティに設けられた大階段を上がると・・
pekin-013
そのまま2階にある中庭へと繋がっていました。
pekin-014
中庭側もグリッド基準でサッシを多用し開放的に構成され、とても気持ちの良い空間でした。
pekin-015
クラブハウスに展示してあった模型。
全貌が良く分かりますね。
(クラブハウスについてはVOl.3ブログでご紹介します。)

・・・続く。

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

本社

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 FAX:052-772-9121
建設業許可番号: 愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業: 愛知県知事許可(4)第18792号

フリーコール 0120-152-421
営業時間 9:00〜18:00
  • モデルハウス・分譲住宅 見学のご予約
  • 資料請求
  • メールでのお問い合わせ

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 FAX:052-772-9158
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-25)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報