スタッフブログ

2018-06-28

,

東京研修 vol,2

こんにちは設計部の佐野です。
6月14日に開幕したロシアワールドカップ。
連日連夜TVにくぎ付けの方も多いのではないでしょうか?
当社にもサッカーファンが多く、社内もワールドカップの話題で盛り上がっております。

グループリーグ突破をかけたポーランド戦。
是非勝って決勝トーナメントへ進出してほしいですね。

さて、本題に移りまして東京研修のご報告です。
前回のブログで紹介しましたように、研修1日目に、東京ビッグサイトにて「賃貸住宅フェア2018」を堪能した一行。
2日目は六本木へ!
目的は六本木ヒルズで開催されている【建築の日本展】
(東京研修のメインは実はココなのです)
1
六本木ヒルズ森タワーに到着し、研修スタート。
「この建物は・・・」と、いつものように設計部所長による建物概要のレクチャーが始まります。
当社の研修はこのように、建物概要を理解してから自分たちの目で見学していきます。
ただ漠然と見るよりもはるかに勉強になります。
2
ということで、建物の回りを十分に観察してから展示会場のある52階へ。

【建築の日本展】へ入ると美しい木組みのブロックが来館者を迎えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑「立体木格子」と称される作品の復元だそうです
この作品を皮切りに、序盤は様々な時代の木造建築(技術)が展示されています。
木組の仕組みの解説や模型。日本建築の屋根にスポットを当てた展示など、展示品を通じて日本の木造文化を再認識することができました。

足を進めていくと、千利休がデザインしたとされる、国宝の茶室・待庵や、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑茶室・待庵
丹下健三の自邸を1/3スケールで再現した巨大模型の展示がありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑丹下健三 自邸
ピロティと美しい水平ラインは巨匠ル・コルビュジエのサヴォワ邸を連想させられます。

この他にも、近代建築や現在進行中のプロジェクトも多数展示されており、非常に充実した展示会でした。
写真撮影箇所が限られていることもあり、ほんの一部しかご紹介が出来ませんでしたが、
興味のある方は是非足を運んでみてください。9/17まで開催しております。

東京研修 in六本木 完

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

本社

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 FAX:052-772-9121
建設業許可番号: 愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業: 愛知県知事許可(4)第18792号

フリーコール 0120-152-421
営業時間 9:00〜18:00
  • モデルハウス・分譲住宅 見学のご予約
  • 資料請求
  • メールでのお問い合わせ

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-25)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報