スタッフブログ

2018-07-06

,

東京研修 vol,3(last)

東京研修のご報告。
賃貸住宅フェアinビッグサイトから『建築の日本展』in六本木と皆さん建築を今日も吸収中です。(ちなみに常務の宮﨑は日本展良かったという皆の反応に、後日行ってきたんです。)
そして私(安江)は、六本木で、カメラが壊れた~! と
プチパニック。その写真がこちら。
IMGP9327
虫が見る世界?・・・って感じですか。
花の色が色々あるのは、花それぞれ来てほしい虫が異なります。
そのお目当ての虫に見える色の違いから、生じるそうです。
東京に戻します。
六本木を出て、次に向かったのは天王洲アイル 建築倉庫で開かれていたル・コルビュジエ展と建築倉庫ミュージアムが選ぶ30代建築家展の二本立て。模型の数々を見学です。
本日のお気に入りはこちら。
IMGP9358
酒井亮憲さんの菓匠寿紗。本当にシンプルなのですが、じっと見入ってしまいました。地面に落ちる影もきれいです。
(そうです。カメラ復活です)
移動。
IMGP9366
港区三田「蟻鱒鳶ル」(アリマストンビル)。
自らの手でビルを一棟まるごと建てようとしている建築士、
岡啓輔さん。12年以上掛け、孤軍奮闘中だそうです。
「カタッ」「?」「??」・・・みえました、ご本人が!
「すみませ~ん」「見せて頂いてよろしいでしょうか?」
「忙しいので、相手は出来ないけど、どうぞ~」
型枠を色々工夫してコンクリートの表情を変えています。
長崎の日本26聖人記念聖堂 聖フィリッポ教会とは又違ったタイプの日本のサクラダ・ファミリアか。この建築に関しては、設計部から、「そんな説明では、ダメです。もっとここを説明して、ここも。」という声が聞こえてきそうなので、次回のブログで熱いものを伝えてくれることを期待します。その建物の斜め向かいに、
所長の森が期待していた建物がありました。
「もう解体されて、存在しないかも・・・」
IMGP9367
IMGP9373
存在しましたよ。
在日クウェート国大使館、丹下健三さんの設計です。建て替えのお話しもあり、改築設計はコンペで選ばれた菅匡史建築研究所(神戸市)さんで決定とのことです。今後、入札による施工者選定を経て、20年4月の完成を目指します。未だ間に合う巨匠の建築です。
又ひとつ、文化を持った建物が消えていくのはとても残念です。
たくさんの刺激を受けて東京研修二日間終了です。
ありがとうございました。

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

本社

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 FAX:052-772-9121
建設業許可番号: 愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業: 愛知県知事許可(4)第18792号

フリーコール 0120-152-421
営業時間 9:00〜18:00
  • モデルハウス・分譲住宅 見学のご予約
  • 資料請求
  • メールでのお問い合わせ

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-25)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報