スタッフブログ

2018-08-05

,

東京 建築散歩 3

見ようと思っていてなかなか見れなかった
高松伸 設計のオフィスビル。
ビルと言って良いのかどうか

アーステクチャー サブ・ワン
用途 : テナントビル
設計 : 高松伸建築設計事務所
施工 : 鴻池組
所在地 : 東京都渋谷区上原2丁目30番4号
建築面積 : 60平方メートル
延床面積 : 455平方メートル
敷地面積 : 172平方メートル
構造 : RC造
階数 : 地上1階, 地下4階
竣工 : 1991年2月

そう。
地上1階, 地下4階・・・
地上部分が
IMG_0939_R
この様相。
もう、建築の範疇ではなくなってる。

IMG_0953_R
御影石の曲面が立ち上がる。

IMG_0959_R

IMG_0961_R
この手すりの向こうから降りていくのですが
休日で鍵がかかっていて入れない。
(当然か・・・)
地下4階分がオフィス。
こういった発想をする建築家はいても
これを受け入れる施主は
なかなかいない。

しばし見とれて、歩き出す。
この辺りは駅の南側。

もう、地図を見る気にもなれないほどの猛暑。
でも、
森も歩けば建築に当たる。

IMG_0936_R
教会ですが、

IMG_0938_R
綺麗に打ち上げたコンクリート打ち放しと
コンクリート小叩きの壁が
上品に収納まってる。

そしてヴィラ クウクウに続いて、
この日、2度目の遭遇。
IMG_0991_R

最近のこのブログで北海道の紹介がありましたが
「石彩の教会」の設計者 伊丹潤が設計事務所を構えていた建築。

IMG_0993_R
この建築の良さは私の写真では到底伝わらない。
ルーバーが並んでいるだけなのに
何か、惹きつけられる。

ため息をつきながら代々木上原駅に向かうと
2度あることは3度ある。
3度目の予期せぬ遭遇。

篠原一男設計の「上原通りの住宅」
1976年竣工なのでこれを見た2016年で40年前。
IMG_0995_R

この建物は三つの構造システムが絡み合ってできている。
①キャンティレバーのヴォリュームを支えるための直交する方杖を
 持った2層分のRCのラーメン構造システム。
②2階の木造スラブ。
③屋上の折版ヴォールトのS造。
これらが三つがぶつかり合いながら一つの住宅が現れ、
それを篠原一男は「野生」という言葉で表している。
1976年の当時、その野生という言葉は
レクロード・レヴィ=ストロースの
「野生の思考」から引き出されたものであった。
代々木3

IMG_0996_R
なんにせよ、私が建築学科の学生であった頃にはすでに建築されていた。
日本の建築界で知らぬものはない有名住宅。
こんなとこにあった・・・
IMG_0997_R
コンクリートの劣化は否めないが
その存在感は
他に類を見ない。

調べてみると
内部はこんな状況みたいです。
代々木1

代々木2

こうして、この日の数時間は過ぎたのでした。

次回はこういったものを見て
実際の設計にどう影響しているのか
といった例を紹介します。

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業 株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

フリーコール 0120-152-421 フリーコール 0120-152-421
営業時間 
9:00〜18:00

本社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 
FAX:052-772-9121
建設業許可番号:
愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業:
愛知県知事許可(4)第18792号

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 
FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-25)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 
名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 
FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報 採用情報