スタッフブログ

2018-08-31

,

O-GH Final ~町家にビートル~

こんにちは。パスタ!植物!バレー!の増田です。

私事ですが、地道にマニアックな植物(チランジアと言います)を育て続け5年。

月刊フローリストという雑誌の8月号に我が家が掲載されました!

花屋さんの専門誌らしく、あまり見る機会が無いかと思いますが…、いつか本職の建築雑誌に掲載されるよう邁進します!

さて、閑話休題、本題に入ります。

緑区のGarage House(ガレージハウス)の紹介です。

02-2

なんとも味わい深い外観夜景ですね。
実は計画当初に参考にした建物があります。
・・・
これです。
benrido_1-thumb-679x451-80
薄暗いですね~。ただ見る人によっては魅力的に感じるはず・・・。
偶然見つけた画像で、どこのどういう建物かはわかりませんが、大変魅力を感じました。
縦横のバランス、大屋根と下屋の間の奥行き感など、魅力を分析し、計画に活かしていきます。

構想ラフスケッチ

計画時の構想スケッチです。軒先の納まりや、軒裏のデザイン等を考えていました。
この手書きのスケッチと上の薄暗い町家の写真を持ってお施主様に初期提案としてお話ししたところ、見事に共感して頂き、そのまま計画を進めていきました。
完成してから、こういったスケッチを見返すと面白いものですね。

それでは内部の方へ進んで行きましょう。
木製の引き戸を開けると・・・

表紙

!!
06-07
!!!
ちなみにビートル博物館ではありません。
奥の針葉樹合板型枠によるコンクリート打ち放し壁が照らされていて良い雰囲気ですね。
08
コンクリートに囲まれた空間に、一本の木の手摺が温もりを与えてくれる階段室。

09

玄関扉を開けたシーン。この写真が好き。陰翳礼讃。

11

12-13

内部空間のポイントは天井高です。
天井は高ければ良いというものではないという持論を繰り広げ、一番低いところの天井高さは2M。
これにより掘りコタツに座った時もソワソワせず、心地よい広さを感じられるはずです。
間取りとしては、ひとつのホワッとした大きな空間に、障子や家具を置いて空間を仕切っています。
玄関の鴨居や、引き分け障子の敷居は空間にビシッと緊張感を与えてくれます。
緊張と緩和が大事ですね。

14-2

この収納の扉の市松模様はお施主様のこだわりの一つで、床も市松模様になっております。
扉も床も素材はラワン合板。言ってしまえば一番普及している合板です。
高価なものではなく、一般的なものを用いて、そこに携わる人の意思やコダワリを詰め込んで綺麗に見せる。
これがこのお施主様の考え方です。大変共感できますし、勉強になりました。

なるほど、だから数寄屋にポルシェではなく、
町家にビートルなんですね。

15-1

住宅

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業 株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

フリーコール 0120-152-421 フリーコール 0120-152-421
営業時間 
9:00〜18:00

本社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 
FAX:052-772-9121
建設業許可番号:
愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業:
愛知県知事許可(4)第18792号

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 
FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 
名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 
FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報 採用情報