スタッフブログ

2019-02-06

,

オーストリア建築の旅 29

ヴェルズに戻り、C家で朝食。
いつもより人数が多い・・・
Cの妻Sの両親が来ている。
IMG_1589_R
実は
ナチスの強制収容所を見に行きたい
とCにリクエストしてあった。
この日、観に行くことになったのだが
それを聞いたSの両親が参加表明。
また、Cの子供のうち2名が強制参加。
ということで
朝から集合した次第。
車2台で出発。
リンツ近郊の丘の上にそれは在る。
IMG_6862_R
右のコンクリート打ち放し部分が管理棟。
左に広がるのが
「マウトハウゼン強制収容所」
1938年設置。1945年の解放まで19万9000人を収容。
その内、11万9000人が死亡。
いわゆる
「死の収容所」
IMG_7156_R
ヒトラーは生まれ故郷ブラウナウに近い
リンツを統括都市にしようとして
花崗岩の産地であるこの地に収容所を設置。
都市建設に使う石材を収容者に切り出させた。
石切場へ続く186段の「死の階段」が今も残る。
収容された人々はここで射殺や
上から石を投げつけられて撲殺された。
建物内部では衰弱して労働できなくなった人々を
屠ったガス室や屍体置き場、屍体から金歯を抜き取る台、
死体を焼く焼却炉を見学できる。
とりあえず管理棟へ
IMG_7153_R
コンクリートとガラスの箱の建築。
ここで並んで入場手続き。
IMG_7154_R
広大な敷地を歩いて収容所に向かう。
IMG_7159_R
のどかな丘の上の静かな場所。
中で行われていたことと環境のギャップ。
IMG_7160_R

IMG_7161_R

IMG_7162_R
平和と反戦のアート作品が置かれているこの場所から
石切場に降りる階段がある。
IMG_7166_R
行く手には門と当時の管理棟。
IMG_8361_R_R
建築としてみようとスケッチするが
強制収容所としてしか見ることが出来ない。
この日は珍しく暑い日で
石の照り返しを受けながらいよいよ
マウトハウゼン強制収容所の
門を潜る。
IMG_1600_R

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業 株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

フリーコール 0120-152-421 フリーコール 0120-152-421
営業時間 
9:00〜18:00

本社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 
FAX:052-772-9121
建設業許可番号:
愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業:
愛知県知事許可(4)第18792号

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 
FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 
名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 
FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報 採用情報