スタッフブログ

2019-02-10

,

オーストリア建築の旅 30

全体が鉄条網付き石の塀で囲われて
出入り口はこの門のみ。
IMG_7168_R
ここをくぐると
地獄。
IMG_7170_R
真ん中に広い通路があり、
両側に平家の建物が連なる。
IMG_7171_R
これが塀。
随所に監視場所が設けられている。
先ほどの通路の写真、
左が居住棟、右が管理・作業棟。
ガス室は右にある。
左の居住棟は
IMG_7179_R
こんな部屋。
いい部屋に見えますが
断熱も何もない板張りの空間に
信じられない人数が押し込まれていた。
IMG_1603_R
当時の様子を生き残った収容者が描いた絵。
左のほうに寝返りも打てない感覚で
寝ている人々。
IMG_7182_R
これは洗濯場。
そして
IMG_7175_R
シャワー室。
IMG_7185_R
農場もある。
随所に収容者が
どのような生活を送っていたか
の説明があるのだが
2〜3室見た時点で
気が滅入る・・・
IMG_7190_R
塀越しのこんな景色を見ながら
この塀が隔てているものの正体に
ぞっとする。
管理棟の一部は博物館になっている。
IMG_7193_R
収容所の図面などが展示されている。
実は、こういった史実とは無関係に
私個人はナチスドイツが残した
戦争遺産建築のデザインが結構好き。
IMG_7204_R
建築の使われ方を考えないと
いいデザインのものが多い。
最後に
地下室にこのような部屋があった。
IMG_7198_R
ここで亡くなった方々の
名前を刻んだ石の部屋。
IMG_7199_R
この部屋を抜けると
IMG_7203_R
遺体を焼いた炉。
そして
IMG_7200_R
その遺体を作った
ガス室。
この施設を歩いている内に
皆、バラバラになって
一人でこういった空間を体験していた。
美しい街や景色を見てきたこの旅で
あえてリクエストした
収容所見学。
その場所に行ってみることの
大切さを実感した。

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業 株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

フリーコール 0120-152-421 フリーコール 0120-152-421
営業時間 
9:00〜18:00

本社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 
FAX:052-772-9121
建設業許可番号:
愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業:
愛知県知事許可(4)第18792号

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 
FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 
名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 
FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報 採用情報