スタッフブログ

2019-05-15

,

オーストリア建築の旅 52

図書館と学習センター:ザハ・ハディッド(ハンブルク)
これは
写真で紹介するには
限界がある。
大きなホールというスケール上の問題も
さることながら、
空間全体がゆがんでいて
それが決して気持ち悪くない。
むしろ
心地よい。
IMG_8162_R
上部のはねだしが強調されますが
IMG_8205_R
真下に行くとこの斜めがとんでもなく
効いている。
ところでこの窓
IMG_3221
このように複雑な機構を内蔵している。
IMG_8208_R
中はというと
IMG_8210_R
もう
何から手をつけていいか
IMG_8213_R
「流れるような」とはこの事
IMG_8214_R
ゆっくり内部を移動していくのですが
1m移動するだけで驚くほど
景色が変わる。
IMG_8220_R
この曲面ガラスは3次元曲面。
球体のような形状です。
IMG_8222_R
垂直に立っているものがほとんどないのですが
別に平衡感覚がおかしくなるような感じもなく
IMG_8229_R
美しい空間にいるなと思わせる。
IMG_8231_R
トイレまで ザハ・ハディッド。
IMG_8212_R
インフォメーションカウンターもザハ・ハディッド。
IMG_8235_R
模型を見ると
IMG_8238_R
断面構造に驚く。
案内板がこれ
IMG_8242_R
ベネチアの広場の平面図のよう。
IMG_8246_R
外に出るとカフェの屋外席で
デッキチェアに座って勉強する学生。
国立競技場がザハの案でできていたら
また違う空間が現れていたのかもしれない。
北京で見たザハのSOHOも凄い建築だったけど
ここは施工精度というか施工密度が違う。
中国を貶すわけではないけれど
どこまで心を配って施工するかの差を感じてしまう。
IMG_8260_R
一箇所でこれだけ建築を楽しめる場所も
なかなか無い。
さて
これで見学メニューは終了。
リンツからC一家がウィーンに来ている。
今夜は一緒に夕食の約束。
C家長男が一流ホテルのレストランで
それなりのシェフになっていて
Cは長男が彼女と暮らすためにペントハウスを
ウィーンに購入した。
そこを見せてくれる。

オーストリア最後の夜が始まる。

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業 株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

フリーコール 0120-152-421 フリーコール 0120-152-421
営業時間 
9:00〜18:00

本社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 
FAX:052-772-9121
建設業許可番号:
愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業:
愛知県知事許可(5) 第18792号

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 
FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 
名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 
FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報 採用情報