スタッフブログ

2019-06-29

,

東京建築散歩16 原宿〜青山

原宿といえば竹下通りの雑踏。
ogp
ここを抜けて北に歩くとTOOLBOXという
輸入系建築金物や諸々資材を扱う店があって
時々のぞいています。
DSC_0431
その正面にこんな建築があって
結構好きな建築です。
さて、原宿近辺は商業ビルで
面白いものがある。
DSC_0438
モノトーンのエッジの効いた店舗。
DSC_0439
トップライトしか無いビル。
DSC_0440
ガラスと溶融亜鉛メッキの店舗ビル。
DSC_0441
鉄のジョイント部を見ると
完全にオープンジョイント。
水をどのように処理しているのか
何度見てもわからない。
DSC_0444
こんなオープンスペースには
若者が群れをなす。
さて
何故、原宿をぶらぶらしているかというと
目的地は
青山。
DSC_0454
小さなギャラリーでこんな凄い展示をする。
アンビルドの代表作とも言える
白井晟一の原爆堂計画。
今回は原図とCG動画でその空間が体験出来る。
そう、
このためだけに
東京までやってきた。
DSC_0455
受付横に原図が貼ってある。
もう、これだけで20分は見入る。
DSC_0456
ありがたいことに
写真撮影OK!
雑誌や図面集ではわからない
タッチを見ることが出来る。
DSC_0458
東海・ビルド研修で訪れた
金沢21世紀美術館で見た
この原図にまた会えた。
DSC_0460
ドローイング細部のタッチを
顔をくっつけて眺め回す。
DSC_0461
とんでもない精度の
CGで再現された原爆堂計画。
DSC_0464
今はCADで図面を書き、CGパースを普通に使い、
変更や修正も簡単に出来る。
全てを人が鉛筆を動かして描いていた頃、
変更や修正は長時間を伴う
「描き直し」を意味していた。
一枚の図面やパースに込めた思いは
この頃と現在は同じなのだろうか?
DSC_0463
そんなことを考えつつ
青山学園横の
蔦珈琲へ。
DSC_0474
旧山田 守邸 1959年・昭和34年 竣工
設計は
当然
山田 守。
この建築は私と同い歳。
1階は 喫茶店・蔦珈琲てん 
2階はギャラリースペース
3階も増築して 住居。
運が良いと2階のギャラリーが
オープンしてる。
IMG_50832
さすが蔦珈琲。
蔦で入り口が見えない。
IMG_95222
こんな店内でボーっとする。
ところで
山田守とは?
京都タワー、日本武道館の設計者。
こんな素敵な自邸兼設計事務所で仕事をしていたのです。
DSC_0475
青山も裏通りには
こんな場所が隠れています。

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業 株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

フリーコール 0120-152-421 フリーコール 0120-152-421
営業時間 
9:00〜18:00

本社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 
FAX:052-772-9121
建設業許可番号:
愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業:
愛知県知事許可(4)第18792号

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 
FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 
名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 
FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報 採用情報