スタッフブログ

2019-08-05

,

建築研修 愛媛、高知めぐり⑥

こんにちわ。

設計部の橋本です。

klimt_top

豊田市美術館で開催されているクリムト展に昨日行ってきました。
クリムトの絵は日本や中国の伝統工芸、蒔絵や浮世絵などからインスピレーションを受けているそうですよ!
言われてみれば背景の模様が金屏風の柄にも見えてきます。
いつかウィーンのベルベデーレ宮殿でもっと作品を見てみたい・・・

展覧会に行かれる際はあらかじめチケットを購入されることをおすすめします。
めっちゃ並んでました。

さて本題。
研修2日目も早朝より建築巡りです。

ミウラート・ヴィレッジ 設計 長谷川逸子氏

懐かしの島田伸介さんのCMでご存じ、三浦のボイラーの三浦工業の創業者であり、陶芸家の三浦保氏の施設美術館。

IMG_2534

初めに目を引くのが青いタイル(陶板?)と飛び出した建物。
下部の重厚感のある塊と金属の飛び出した部分はガラスがくるっと回され、綺麗なプロポーション。
ロールスクリーンが上がっているともっと綺麗なのに・・・

なぜロールスクリーンが下がっているかと言うと
そう。展示物入れ替えの為、閉館しております。

三浦工業さんのご厚意で特別に見せて頂きました。
誠にありがとうございます。

IMG_2532

IMG_2536

タイルは先端は斜めなのに、最後はまっすぐ張られています。
よく見ると4枚ごとに少しずつ形を変えている。

すごいこだわり。

IMG_3477

中に入るとズコーンと建物が浮いています。

IMGP0931

柱のスパンは優に10m以上あります。

IMG_2486

窓は水平に並んでいます。

ここで近代建築のおさらい
・ピロティ
・屋上庭園
・自由な平面構成
・水平連続窓
・自由なファサード

屋上庭園はあるか分かりませんが見事に合致していますね!

ココ試験にでますよ!!

IMGP0923

IMGP0938

建物くぐり抜けるとお庭が広がる。

庭から見た印象はまた変わります。

IMGP0934

IMG_3480

庭から見た建物は下部がガラスの箱で上が金属の箱。

庭の作品の方に目が行く様、視線が通る部分は建物の印象を消す手法。

振り返るとより上段の金属箱の浮遊感が強調されるように感じる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一番奥はRC打ち放しと金属箱の組み合わせ。
より重量感がましている。

IMG_2504

ミウラート・ヴィレッジは、三浦工業グループの創業者三浦保氏(1928~1996)が、生前に企画し1998年に竣工した美術館。

この建物を見て感じた事は。
三浦氏のエネルギーそのもの。

IMG_2514

建築を彫刻的にとらえた建物形状。
素材の組み合わせからくる印象。空間構成。

視線の誘導。

IMG_2501

いろんなことが試したくてしかたない!!
そんなあふれんばかりの感情が伝わって来ました。

IMG_2488

あっ忘れていました。
トイレめっちゃかっこいい。
IMG_2436

IMG_2530
三浦会長!ご見学させて頂きありがとうございました。

弊社にもいつかは代表の銅像を置きたい物で
その時は吉川さんが手作りするとかなんとか・・・

IMG_2531

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業 株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

フリーコール 0120-152-421 フリーコール 0120-152-421
営業時間 
9:00〜18:00

本社

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 
FAX:052-772-9121
建設業許可番号:
愛知県知事許可(特-27)第49209号
宅地建物取引業:
愛知県知事許可(5) 第18792号

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 
名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 
FAX:052-772-9121
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 
名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 
FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-27)第13019号

採用情報 採用情報