スタッフブログ

2020-09-14 New

,

事前準備

建築の設計というと
ラフスケッチから空間イメージを膨らませて
模型やCG、手書きパースで確認して
といったことから始めると思われることが多いのですが、
そこに至るまでの事前準備が大変重要です。
9月は防災週間もあり、防災意識が高まる月ですが
実は設計の事前準備の一部が防災なのです。
以前は図書館や関係省庁を走り回って集めていた情報が
当時より簡単に、精度の高い情報を得ることができます。
国土交通省のホームページでは
重ねるハザードマップ洪水 国土交通省
こういった
「重ねるハザードマップ」を公開しています。
この地図は名古屋市の洪水予測。
縮尺も変えることができるので
みなさん、ご自宅近辺の予測を見てみるのも防災です。
津波予測を見てみると
重ねるハザードマップ津波
これらを重ねてみる
重ねるハザードマップ津波洪水
驚くのは
南の熱田神宮は元々、七里の渡し以南が海であったことで理解できるのですが
北の名古屋城。
ここから北が被災予測エリア。
実は地盤調査をする時も
「名古屋地盤図」というものを参考にするのですが
名古屋城の地盤は大変良い。
名古屋城の位置は色々な面から見て
防災上大変良い場所なのです。
ここに築城すると
どのようにして決めたのでしょう?
閑話休題。
設計する場所によりチェック内容が異なるのは当然です。
瀬戸市の丘陵地の場合は
重ねるハザードマップ土砂
土砂災害マップ。
海岸沿いは
重ねるハザードマップ情報
津波災害マップ。
これにより、建物の地盤面を現状より上げることを提案して
設計しています。
もう一つ、使えるアイテムが
国土地理院の地図と航空写真。
航空写真ではタイムトラベルが可能で
先ほどの地域は1990年が
地理院地図Vector|国土地理院美浜1990
こんな様子。
現在が
地理院地図Vector|国土地理院美浜現在
こんな様子。
家々が確実に減少しているのがわかります。
ちなみに
当社近辺は
地理院地図Vector|国土地理院1950
1950年頃ですが黒い➕マークの右に少し寄ったあたりが
東海・ビルド。
1990年は
地理院地図Vector|国土地理院1990
まだこんな感じ。
出来町通りから北は何もなく
学校だけ存在します。
地理院地図Vector|国土地理院写真
これが現在。
たった30年でこうなった・・・
建物を建てるにあたり、
微地形、微気候を気にするのですが
今では簡単に土地の変革を見ることができます。
この画像に地図を重ねることもできます。
地理院地図Vector|国土地理院地図+写真
この作業も設計の大切な準備なのです。
設計部 森でした。

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

本社

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 FAX:052-772-9121
建設業許可番号: 愛知県知事許可(特-2)第49209号
宅地建物取引業: 愛知県知事許可(5)第18792号

フリーコール 0120-152-421
営業時間 9:00〜18:00
  • モデルハウス・分譲住宅 見学のご予約
  • 資料請求
  • メールでのお問い合わせ

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 FAX:052-772-9158
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-2)第13019号

採用情報