スタッフブログ

2021-04-23

,

RALLY JAPAN 其の弐

こんにちは。

 

夜中のお風呂の湯のようなとてもぬるいブログの新保です。

 

半年ぶりの私のひとり語り、そして自己満足ブログです。

 

前回のブログからWRCにもいろいろと動きがあり、待望の2021年のシリーズが開幕しました。

そして・・・ 決まりました、「RALLY JAPAN」。

2021年11月11日から14日まで。シリーズ最終戦です。

場所は2020年の開催予定であった愛知・岐阜でございます!!!

今度こそWRカーの常軌を逸した走りが目の前で見られるかと思うと、非常に楽しみです。

さて、前回は(と言っても半年も前の話ですが)、WRCがどの様なレースなのかをほんの少しだけお話しさせていただきました。

今回は、レースに使用する車のお話ししていきたいと思います。

ラリーはF1のようなフォーミュラカーではなく、市販車をベースにした車を使用します。そしてそのベース車は何を使用してもいいと言うわけではなく、条件があります。

この条件をホモロゲーションといい、ラリー参加メーカーやチームはホモロゲーションをクリアした車しかベース車として使用できません。なのでラリー専用に特別な車両を作ってレースに参加することができないのです。

現在の規定では、ベース車となるモデルが連続した12カ月間に2500台以上、車種全体で2万5000台以上という生産台数が必要です。

例えば、トヨタは2022年に新車両を投入するのですが、ベース車となるGRヤリスが、1年間で2,500台以上生産され、尚且つ、ヤリスやヤリスクロスなど同車種と位置付けられる車両が25,000台以上生産されていなければ、せっかく開発した車をレースに出せないのです。

もうひとつラリーには他の自動車レースにはない特徴があります。

ラリーは、何か所かあるスペシャルステージ(SS)と呼ばれるコースとなる公道を、一時閉鎖して1台ずつタイムアタックするレースだと言うことを前回お話ししました。

公道を走るレースなので、WRカーは、今走ったSSから次のSSまで、リエゾン(またはロードセクション)と呼ばれる移動区間を、一般車両に混じり、現地の交通法規に従って移動します。 ですので、レースだけでなく、リエゾンを走っているWRカーをみることができますし、法定速度を守って走っているWRカーに、現地の方々が手を振ったりして応援したりしています。

もしかすると、自分の車の前や後をWRカーが走るかもしれませんし、近所を通り抜けて行くかもしれません。

(画像は2019年のセントラルラリーのものです。)

 

そういった意味では、開催する地元とのつながりがとても深いイベントなのです。

 

これを機にラリーに興味を持っていただける方が増えていってくれると、とてもうれしいです。

自分の趣味をゴリ押ししたブログの新保でした。

 

メニュー

バックナンバー

株式会社 東海・ビルド 品格ある技術力を追求し続ける総合建設業

本社

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-9100 FAX:052-772-9121
建設業許可番号: 愛知県知事許可(特-2)第49209号
宅地建物取引業: 愛知県知事許可(5)第18792号

フリーコール 0120-152-421
営業時間 9:00〜18:00
  • モデルハウス・分譲住宅 見学のご予約
  • 資料請求
  • メールでのお問い合わせ

相談室

東海・ビルド一級建築士事務所

〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原一丁目1307
TEL:052-772-2421 FAX:052-772-9158
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-30)第11697号

相談室

アーキビルド設計工房

〒458-0004 名古屋市緑区乗鞍一丁目406-3
TEL:052-875-8010 FAX:052-875-8020
一級建築士事務所
愛知県知事登録(い-2)第13019号

採用情報